アスベスト(石綿)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
アスベスト(石綿)は天然にできた鉱物繊維で「いしわた」「せきめん」とも呼ばれています。大型鉄骨造建築物の柱や梁などに吹き付けられている白い綿にアスベストが使われている可能性が高いです。一般の木造住宅では、スレート瓦や外壁材のサイディングなどに含まれいる可能性もあります。また、工場の壁や屋根にはよく使われいるスレート波板にも含まれいる可能性もあります。
解体工事の際に各自治体により多少の違いはありますが、現地調査を行いアスベストの疑いがある場合はアスベスト検査専門業者による検査及び解体施工届出書の提出が必要です。しかし、アスベストとみなせばその検査費用を抑えることもできます。

アスベストによる健康被害
アスベストがなんらかの形で(切ったり・削ったり)大気中に飛散して人が吸い込んだ場合(人には見えないほどの小さな物質)、各種の健康被害への可能性が高まります。主に、石綿肺・肺がん・中皮腫の疾病病になるおそれがあります。

断熱材について

写真のように、一般の家の壁や天井などにはよく断熱材(グラスウール・ロックウール)と呼ばれる建材料が使われています。アスベストは含んでいませんが、断熱材の埃を多量に吸い込むと人体に悪影響があります。手こわし解体によって飛散防止となり、費用を抑えることができます。