コマツの解体工事

このエントリーをはてなブックマークに追加
解体工事の現場はひとつひとつ環境が異なり、それにより解体工法が変わっていきます。ミンチ解体や手こわし解体など様々です。そこでコマツが得意とする解体工法を紹介したいと思います。

手こわし解体工事
道路幅が狭く、敷地が前面道路よりも大幅に高低差がある場合などの重機搬入が困難な現場や、家が密接していて重機による解体が派手に行えない現場など解体する建物によって条件は様々です。しかし、このような現場でも手こわし解体なら問題ありません。それに、振動・騒音を抑えることができます。
手こわし解体なら的確な分別を実現できるので、リサイクル率は高く環境に負荷がかかりません。コマツが最も得意とする解体工法です。


      

                       

機械分別解体工事
建物内部(断熱材や瓦等)をあらかじめ手こわしで解体していき、その後重機を搬入し、「木くず」や「がれき類」等を丁寧に分別しながら作業を進めていく解体工法です。手作業と重機による作業を進めることによって工期を短縮することができます。また、自社の小型重機を使用すればリース代と回送費を安くすることができます。

      

                       

植木の伐採・伐根
コマツでは植木の伐採も行っています。
障害となる建物や電線がある・周辺に立木が密集している・現場から離れた場所にしか車をとめることができない・クレーン車や高所作業車が入れないなど条件は様々です。また、植木伐根の際に水道管がある・隣の建物との境界にブロック塀があるなど派手に行えない場合もあります。
このような条件の現場でもコマツにご相談ください。